アフターケアー|ささき矯正歯科クリニック<横浜市戸塚区・泉区・栄区>矯正歯科・歯科矯正・抜歯・うけ口・出っ歯・外科治療

ささき矯正歯科クリニック
矯正治療専門のクリニック
アフターケアー
保定治療(あともどり)を防ぐために

本格的な治療が終って、望んだところに歯が移動し、顔や口もとが改善されても矯正治療は終わりになりません。
なぜならば、一度動かされた歯や顎は、“あともどり”をする傾向があるからです。木を植えたあと、根が完全にしっかりするまで、“ささえ”が必要なように、動かされた歯が新しい場所に落ちつくまで矯正医は観察を続けなければなりません。

また、患者さんはこの期間も簡単な装置を付けることが必要です。これは矯正治療で歯を動かすことと同じ位重要なことなのです。担当医の指示通りに装置を使用しないと、長い期間かけて治療したことがまったく無駄になってしまうことがあります。ただし、この期間の通院はあんまりひんぱんではありません。

これが一連の矯正治療の進め方です。どうぞ矯正治療の目的と治療の進め方をよく理解して下さい。長い治療期間はそれだけあなたの健康を保証しているわけです。

保定装置について

あともどりを防止するための大切な装置です。

マウスピース型の保定装置

マウスピース型の保定装置
マウスピース型の保定装置

ほとんど目立たなく、また、取り外しが可能で歯を全体的に覆うためしっかりとおさえることができますが、反面きちんと歯磨きしてから装着をしないと比較的むし歯になりやすい欠点があります。

床タイプの保定装置

床タイプの保定装置
床タイプの保定装置
床タイプの保定装置

取り外しができるため清掃性には優れていますが、使用時間が短いと「あともどり」を起こします。

固定式保定装置

固定式保定装置

歯を裏側から固定しますので、ほとんど目立たずしっかりと固定できますが、比較的汚れが残りやすく、しっかりと歯磨きをしないとむし歯や歯周病になりやすい欠点があります。

このページの先頭に戻る

ささき矯正歯科クリニック