矯正歯科で治療のあともどりに関して|矯正治療専門のささき矯正歯科クリニック<横浜市戸塚区・泉区・栄区>

ささき矯正歯科クリニック
矯正治療専門のクリニック

FAQ

横浜の矯正歯科で治療を受けたのですが、あともどりに関して質問です

成年に達してから矯正治療を受けました。
なかなか動かずに厄介だったのですが、諦めずに治療を続けたおかげで、うまく顎の位置がおさまり、きれいな歯並びを実現することができました。
しかし、知人から「歯列矯正はあともどりがあるから気をつけないと。」と忠告を受けました。あともどりとはなんでしょうか?
歯列矯正は歯列が整えば終わる治療ではないのでしょうか?治療後もきれいな歯並びを維持するためには、どういったことに気をつけたらいいのでしょうか?教えて下さい。

answer

あともどりとは矯正治療後に歯が意図せず動いてしまう現象のことです

歯列矯正では多くの場合、もとの歯並びを抜歯などでずらし、より整った状態に整列させ直します。
しかし、歯というものは奥歯の方から段々と力が伝わり、常に動いているのです。歯列矯正後はそれが顕著で、放っておくと意図せずに動いてしまいます。
保定装置を使い、歯列矯正後の歯をの位置を固定していきましょう。固定式と取り外しのできる可動式の2種類があり、状況に応じて使い分けていきます。
矯正期間の後もきちんと歯列をケアすることが美しい歯並びの実現に繋がるのです。

PageTop

ささき矯正歯科クリニック