矯正治療の進め方|ささき矯正歯科クリニック<横浜市戸塚区・泉区・栄区>矯正歯科・歯科矯正・抜歯・うけ口・出っ歯・外科治療

ささき矯正歯科クリニック
矯正治療専門のクリニック
矯正治療の進め方

矯正医は、不正咬合についての相談を受けた場合、治療に先がけていろいろな検査を行います。それは単に口や歯の状態を見ただけでは診断がつかないからです。行う検査とは、通常レントゲン写真、顔や歯の写真、上下の歯のかたをとること、いろいろな計測などです。その後、これらの資料を検討して治療の進め方、料金、治療期間、などをご説明いたします。ここで矯正治療の進め方について説明しましょう。

矯正治療の進め方
治療の流れ

不正咬合は、個々によって千差万別です。そのため、どのような症例もすぐに矯正治療を始めた方がよいというわけではありません。特に患者さんが小児の場合は、矯正医は治療を始める適当な時期を決定します。理由は、その方がより効果的な治療が行えるからです。このような場合は、定期診査のために3ヶ月か6ヶ月おきに来院していただくだけで結構です。しかし、一方でできるだけ早く治療を始めた方がよく、長期間の矯正治療をしなければ効果のない場合もあります。

流れ拡大表示

前の歯の乱れや一部の歯の不正だけの治療をして歯の生え代わりを待ち、しばらくして本格的な治療をするという2段がまえの治療が望ましい場合もあります。
矯正装置をつけた本格的な治療が始まると、患者さんは月に1回、時には2回の来院が必要となってきます。いろいろの矯正装置がありますが、いずれにしても月に最低1回の調節はぜひ必要です。調節しない矯正装置は、ガソリンの切れた自動車と同じで、歯を動かす役には立ちません。

治療期間について

矯正治療は人によってその期間はまちまちですが、本格的な矯正治療をする期間は、2〜3年、場合によっては7〜8年とお考え下さい。
このように治療に長期間を必要とする理由は、不正な関係にある上下の顎の成長発育の経路を正常な軌道にのせてやったり、歯の生え代わる時期に起こってくる咬み合わせの不正を正常な方向に導いたりすることも矯正治療の重要な目的だからです。
そして顎の骨の中に植っている歯を歯やそのまわりの部分に障害を与えないように徐々に移動させようとするので時間がかかるわけです。

このページの先頭に戻る

ささき矯正歯科クリニック